実家から出たい人が読むサイト

実家から独立して一人暮らしをしたい人に役立つ情報サイト。

前へ
次へ

実家暮らしを卒業して独り立ちする為に必要な事と流れ

実家ぐらしを卒業して独り立ちする具体的な流れを説明します。

  1. 一人暮らしに必要な生活費を把握する。
  2. 住まいを探す。
  3. 新居に必要な家具家電を買い揃える。
  4. 引越し作業をする。

関連記事:賃貸マンションの物件選びで失敗しない為の3つのポイント

 

新生活開始後に1ヶ月の生活に必要な費用を想定しておく

1人暮らしをいざ始めてみたけど、思っていた以上にお金がかかって生活苦なんてことにならないためにも1ヶ月にかかる生活費を把握しておくことが大事です。

合計106,000円

 

これに交際費、服飾費、雑費などが必要です。

 

彼女がいる男性なら週1くらいでデートして交際費月3万円くらいは必要です。

1人暮らしなのでホテル代は浮きますね。

 

食費は自炊前提で2万円ですが外食ばかりだと3倍くらいになる可能性もあります。

家賃は住む場所によって異なりますが、最低6~7万くらいは出さないとそこそこのところには住めません。

 

以上のことを考えると手取りで15万以上はないと一人暮らしをしても生活苦になると思います。

関連記事:一人暮らしのインターネット料金はいくら?安く抑える方法

 

新しい新居に引っ越す際に必要な料金を用意する

賃貸契約と新居に必要な物を買い揃えるとそれなりの費用がかかります。

物件にもよりますが新しく住む賃貸の敷金(保証金)や先に納める家賃だけでも30万~50万くらいは必要です。

 

それとは別にベッドやテーブルなどの家具やテレビ、掃除機、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品も買い揃えないといけません。

賃貸契約に必要な日用と家具家電に必要なお金は総額で100万円くらいはかかると想定しておくほうがいいです。

 

思っている以上にかかるので、ここがまず実家から出たい人が断念する第一の関門になります。

関連記事:ヨドバシカメラとビックカメラどっちが安い?

メニュー

ページのトップへ戻る